ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化で少しでも多くの利益を得る方法などについて

クレジットカード現金化で少しでも多くの利益を得る方法などについて

ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化を行うには、業者から商品を購入して現金を得るかショッピング枠で購入した商品を自分で売って現金を得ます。

業者を利用するという方法では、手数料が発生するので最終的な換金率が70~80%程度になります。

換金率が90%以上と公言している業者もありますが、入金までに時間がかかる場合も多いので注意が必要です。

稀に悪徳業者が存在し、商品を業者に渡したにもかかわらず現金を得られない場合があります。

その様な事態を可能な限り防ぐために、事前に業者のホームページで情報収集することが大切です。

ホームページに会社概要などが細かく書かれている企業を選んだ方が良いです。

また、電話で質問した際に難しい質問にも丁寧に対応する業者を選んだ方が、実際に依頼した場合にも対応が丁寧になります。

業者によるクレジットカード現金化の換金率が70~80%であるのに対して、自分で売買を行う場合は方法次第で換金率をもっと高くすることができます。

まず、商品は換金率が高くなりそうなものをできるだけ安く購入できるに越したことはありません。ショッピング枠が利用可能なネット通販などを利用すると良いです。

そして、商品が届いたら買取店やネットオークションなどで売って現金を得ます。

ただし、商品を得ることが目的であるショッピング枠でクレジットカード現金化を行おうとすると、カード会社から転売の疑いをかけられる可能性があります。

特に、換金率が高い商品券などをまとめ買いする場合に注意が必要です。

そう言ったリスクを回避したいのであればやはり現金化の専門業者に依頼するのが一番良いと思います。

口コミで人気のネオギフトさんは長年やっている業者で私も何度かお世話になったことがありますが、換金率、振り込みまでのスピードはかなり良いです。

参考にしてみてるのは良いと思いますよ。


タグ :