ホーム > 外壁塗装 > これで外壁塗装のタイミングを逃さない!知っておくべき代表的な壁や屋根の劣化パターンとは?

これで外壁塗装のタイミングを逃さない!知っておくべき代表的な壁や屋根の劣化パターンとは?

外壁塗装は10年に1回のペースにするのが正しい知識ではありますが、塗り替えのサインを示す代表的な劣化パターン例を幾つか知っていれば、素人でも手遅れにならないうちに塗装依頼ができて、深刻なトラブルにならずに済みます。

先ず、どの一戸建てにも見られやすい特徴的な外壁の劣化例は、壁の表面に肉眼で確認できるほどの緑色の苔や藻が筋状に付着してるパターンです。

又、外壁を実際に手で触る事でも劣化チェックは簡単にでき、もし黒色が入り混じった塗装の粉末がベッタリと指に付くようなら塗り替えのタイミングと考えるのが妥当です

他にも目に見えるような雨戸の錆び付きや、サイディングの継ぎ目部分にヒビ割れや不自然な伸縮が起きてるなら、これも外壁の劣化サインとして見逃さないようにしましょう。

ちなみに屋根部分は定期的に雨や太陽の紫外線を受け続けてる事によって、外壁よりも苔汚れや泥ハネの跡が多く付きやすい特徴があります。

ただ屋根は高所にある為に居住者自身が最も客観的に劣化具合を観察しづらいので、その場合は遠慮なく塗装業者の調査員に依頼してプロ目線で緊急に塗り替えをするべきか見極めてもらう事をお勧めします。

新生ホームサービスの評判・クチコミ・利用者の声