ホーム > 美容 > 紫外線によって日焼けが起きる理由

紫外線によって日焼けが起きる理由

長時間、紫外線を浴びていると日焼けをすることは、大抵の人が理解しています。日焼けの原因である紫外線は、いったいどういうものなのでしょうか。紫外線とはA波、B波、C波の三つがあり、太陽の光と共に地球上に降り注いでいるものです。A波の紫外線は相当に強く、窓ガラス程度では通り抜けてしまう性質を持っています。ガラス窓越しに陽光を受けていた時や、車の運転をしていた時でも、紫外線A波は通り抜けるので日焼けします。天気がよくない日や、雲が重くたれこめている日は、紫外線B波が地上には届きにくくなります。紫外線B波はオゾン層ででもカットされています。紫外線C波が日焼けに関わることはありません。なぜなら、紫外線C波はオゾン層を抜けられないからです。A波は、窓ガラスを通過することが可能である為、肌の奥の真皮層まで届いてしまいますが、有害性でいうならB波ほどではないと言われています。日中、活動をしている時は、絶えず紫外線A波が肌に影響を及ぼしているといえますので、紫外線予防が重要になります。日焼けとは、単に肌の色が変わるというものではありません。肌の老化を促進したり、しみやそばかすを増やしますので、予防策が大事です。紫外線で日焼けをするのは、肌をガードするためにメラニン色素を増やす、いわば防衛策です。こんがりと焼けた肌は、活動的な印象を人に与えますが、肌にとって日焼けは決していいものではいえまいので、ほどぼどにしておきましょう。

セシュレル | お試しキャンペーン!今だけ980円!WEB限定申込みだよ!


タグ :